トップページ 国内のホテル 海外のホテル
AMANGALLA
アマンガラ<スリランカ・ゴール>
ベッドルーム 2018年7月宿泊 https://www.aman.com/resorts/amangalla
オランダ提督の暮らした邸宅をルーツに持つアジア最古のホテルは
ノスタルジックな面影を残した麗しいリゾートとして息を吹き返す






PUBLIC SPACE
左/高い天井と白い壁面、前身のホテル時代から残されているという床材が印象的なエントランスホール。
右/レセプションエリアはシンプルなデスクが置かれ、ライブラリーやスパへは必ずこの場所を通る仕組み。
左/階段状に奥へと伸びる空間がフォトジェニックなゲスト専用のライブラリー。自由に使えるPCも備わる。
右/レセプションエリアのシッティングスペース。ウェルカムドリンクをいただいた後のチェックインは客室で。



ROOM
左/コロニアルな雰囲気に相応しい重厚な四柱式のベッドが設置された客室。照明のスイッチはシンプル。
右/明るい南向きの窓側に用意されたダイニングテーブル。生花が飾られ、アロマの香るロウソクも用意。
左/クラシカルなデザインが特徴的なライティングデスク。机上のケースにはレターセットや文具が収まる。
右/客室の扉は廊下と直結しているので少し外の物音が気になる。テレビはなくオーディオシステムのみ。



BATH ROOM
左/バスルームの中央に置かれたフリースタンディングのバスタブは現代的。大きなクローゼットを備える。
右/シンメトリーに配置されたクラシカルな意匠の洗面台。左手がトイレ、右手がシャワーというレイアウト。
左/扉を備えず開放的で奥行のあるシャワーブース。外側に水が漏れないか心配になるほど水圧は充分。
右/アマンらしく備え付けのボトルで提供されるアメニティ。周りの汚れやボトルの傷と不具合が気になる。



POOL
左/美しい庭園を抜けて階段を下りると、リゾートの一番奥まった場所に現れるエメラルド色に輝くプール。
右/強い日差しを遮るプールサイドの木陰にはデイベッドを備えるプライベート感の高いパビリオンを設置。
左/椰子の木を初めとする樹木に囲まれた広いプール。ここが街の中であることを忘れてしまうほど静か。
右/プールサイドには木洩れ日の中で軽食やアフタヌーンティーが楽しめる、テラス席も用意されている。



SPA
左/スパのレセプションに設けられたリラクゼーションスペース。改装中のため空間が少し狭くなっていた。
右/階段状の建物に沿って連なるトリートメントルーム。アーユルヴェーダの施術メニューも充実している。
左/スパの一番奥には男女別のバスルームも完備。ロッカールームにある洗面台は客室と同じスタイル。
右/中央にジャグジーバスを配置した幻想的なバスルームにはスチームサウナとシャワーブースも備わる。



DINING
左/オランダ語でサロンを意味するザールと名付けられたメインダイニング。スリランカ料理も提供される。
右/ホテルのエントランスに設けられたヴェランダ。外部のゲスト利用も多く、アフタヌーンティーは賑わう。
左/ザールのラウンジエリア。ゆったりとしたソファセットとグランドピアノが設置されていて優雅な雰囲気。
右/本館3階に設けられたバーはゴール旧市街を見渡せ、インド洋に沈む夕日を鑑賞できる絶景スポット。



OTHER
左/ホテルのファサードとエントランス。昼夜問わず警備専門のスタッフがいるのでセキュリティ面は安心。
右/白い外壁と赤い屋根が印象的なコロニアル建築のホテルの外観。優美な姿は観光スポットのひとつ。
左/ベッドルームの客室からはホテルが面するチャーチストリートの由来となったオランダ教会が見られる。
右/ライブラリーの脇を抜けた場所にある庭園を眺めるテラス席。迷路のようなリゾート内の散策も楽しい。



IMPRESSION ★★★★★
 コロンボから車で2時間ほど、インド洋の要衝として堅牢な城壁が築かれたゴール旧市街。その一角に残る歴史的建造物として一際目を引くコロニアル建築が特徴で、ゴール駅やバスターミナルも徒歩で行ける立地。心地よい風が吹き抜ける開放的なロビーを抜けて、ホテルゲストしか立ち入れないライブラリーの奥へ進むと高い壁と森に隠されたようなプールに辿り着くアマンらしい空間演出は見事。スタッフは顔と名前と客室を覚えているので基本的にサインレス。スタッフ総出で見送られるチェックアウトもアマンならでは。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル