トップページ 国内のホテル 海外のホテル
FOURSEASONS HOTEL RITZ LISBON
フォーシーズンズホテルリッツリスボン<ポルトガル・リスボン>
デラックスルーム 2018年5月宿泊 https://www.fourseasons.com/lisbon/
リスボンの街並みの向こうにテージョ川を望む丘の上に居を構える
華やかさと気品に満ち溢れた折り目正しき正統派ホテル






PUBLIC SPACE
左/エントランスホール。中央にテーブルを置いて花を飾るのではなく、天井から吊るす画期的なスタイル。
右/ラウンジへ抜けるエレベーターホールに置かれたソファセットも上品な意匠でシンメトリーなレイアウト。
左/各階のエレベーターホールも空間が贅沢に使われていて、階段室から太陽光が差し込む明るい空間。
右/優雅なカーブを描くように設置されたレセプションデスク。スタッフは愛想もあり感じのいい対応だった。



ROOM
左/フォーシーズンズ特有のクラシカルな趣のベッド。海洋王国として栄えたポルトガルらしいインテリアも。
右/ベッドの対面に配置された瑠璃色が映えるソファ。エントランスへ向かう廊下とは扉で仕切られている。
左/バルコニーへ通じる扉の手前に設置されたライティングデスク。立派な胡蝶蘭の鉢植えが華を添える。
右/窓際にはテーブルに対してアンバランスな画面サイズのテレビ。ベッドを挟んでクローゼットが備わる。



BATH ROOM
左/ベッドの脇から通じるバスルーム。独立した洗面台が2台設置され、男女別にアメニティが用意される。
右/バスルームの奥に置かれたバスタブ。シャワーブースが隣接していて大きなバスマットで移動も快適。
左/透明なガラス扉で仕切られたシャワーブース。レインシャワーも備わっていて素早くお湯に切り替わる。
右/アメニティはフォーシーズンズ御用達、ロクシタンのシトラスヴァーベナ。半円形状のボトルは初めて。



SPA
左/地下1階に設置されているプールは完全な地下ではなく、広い庭園に面しているので景色も楽しめる。
右/静かでどこかギャラリーのような雰囲気のプールサイドで寛ぐだけでも気軽に利用できる18mプール。
左/スパのロッカールームもエントランスから贅沢に空間が利用されていて、サウナやシャワーも備わる。
右/エレベーターを降りるとすぐの場所にあるスパのエントランス。螺旋階段でさらに階下へ空間が伸びる。



DINING
左/著名な芸術家の名前を冠し、大胆でグラマラスなフラワーアレンジメントがフォトジェニックなラウンジ。
右/ラウンジとは趣を異にする妖艶な雰囲気のリッツバー。エドゥアルド7世公園の見えるテラス席も用意。
左/メインダイニングのヴァランダレストラン。フォーマルな雰囲気に満ち溢れ自然と居住まいを正す空間。
右/ヴァランダレストランのテラス席。朝日に染まるホテルの庭園と広大な公園の緑を眺めながら朝食を。



OTHER
左/丘の中腹に現れるエントランス。外側と内側の扉のどちらにも立つドアマンがゲストを出迎えてくれる。
右/遮る建物がないため広い範囲から視認できるホテルの外観。リッツの看板が誇らしげに掲げられる。
左/全ての客室に備わるバルコニー。多くの客室は東側に用意され、隣室との間は壁で仕切られている。
右/7階でありながら高台に建つポテンシャルを活かした眺望。市街地の向こうに雄大なテージョ川の姿も。



IMPRESSION ★★★★☆
 リスボンの市街地から地下鉄で5分ほど離れたマルケス・デ・ポンバル駅から急な坂道を登った場所に建ち、目の前にはエドゥアルド7世公園が広がるロケーション。高層ホテルではないもののバルコニーから見渡す眺望は抜群。パブリックスペースは随所に余裕が感じられる設計で、スパのロッカールームひとつとっても目を奪われる空間デザインが施されていた。また、飲食施設はヨーロッパの正統派ダイニングの趣が感じられ、機敏に動くスタッフの姿にはこちらも思わず背筋を伸ばすような、心地よい緊張感を味わえた。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル