トップページ 国内のホテル 海外のホテル
FOUR SEASONS HOTEL TOKYO AT MARUNOUCHI
フォーシーズンズホテル丸の内東京<東京・丸の内>
プレミアルーム(キング) 2017年11月宿泊 https://www.fourseasons.com/jp/tokyo/
列車が次々と発着する東京駅というドラマティックな舞台を
ガラスで隔てられた特等席で鑑賞する静寂の隠れ家へ






PUBLIC SPACE
左/以前はエントランスホールだった1階にロビー機能が移転。スタッフはゲストの動向に目を配っている。
右/線路側には天井まで届く大きな窓が設えられ、壁を伝う水の流れが涼しげなコートヤードに隣接する。
左/ロビーの一角に配置されたコンシェルジュデスク。朝の時間帯はコーヒーマシンがセッティングされる。
右/エントランスの脇に移転したレセプション。バックオフィスがないためコピー機などが目に入り味気ない。



ROOM
左/革製のヘッドボードと一体化した天蓋が象徴的なベッド。ベッドサイドの操作パネルには年季を感じた。
右/一面ガラスでとても明るい窓際に設置された、長いカウンターと革製の天板を持つライティングデスク。
左/部屋のもう一方の窓側に用意されたオットマン付きの一人掛けソファ。足を伸ばしてゆったりと寛げる。
右/ミニバーとクローゼットが備わるキャビネット。右手の扉は柱を利用した観音開きの鏡が隠されている。



BATH ROOM
左/ガラスの円形シンクが印象的な洗面カウンター。シンプルな造りのため備品で溢れているのが難点。
右/中央部分が内側に少しシェイプした形のバスタブ。大きさは充分だが日本式にもう少し深さが欲しい。
左/半透明のガラスで仕切られたシャワーブース。シャワーは2種類用意され、スペースが広いので快適。
右/アメニティはペイズリー柄がトレードマークのエトロ。このホテルだけのオリジナル仕様で提供される。



SPA
左/7階にあるスパエリアは小さいながら、サウナ、ジェットシャワー、ラジウム含有の温泉が備わっている。
右/更衣室は洗面スペースと髪を乾かすスペースが分けられていて機能的。コンパクトながら質感も高い。
左/奥行のあるスパのエントランスはギフトショップを併設している。24時間営業のフィットネスジムも完備。
右/スパエリアの休憩スペース。椅子は3脚のみで少し狭いが、フルーツ入りの水や雑誌が用意してある。



DINING
左/7階のかつてロビーだった場所は、暖炉スペースはそのままに落ち着いた雰囲気のラウンジへと改装。
右/メインダイニングはMOTIFに名前を変えフォーマルで華やか印象に。ディナーもゲストで賑わっていた。
左/レセプションがあった2面の窓を備えたコーナーには、駅を意味するGAREと名付けられた個室を設置。
右/朝食もMOTIFで提供されていて、夜は使われていない大理石の長いカウンターにブッフェ料理が並ぶ。



OTHER
左/東京駅の南側に聳えるパシフィックセンチュリープレイスの低層階を占有。八重洲口に直結している。
右/客室からの眺め。東京国際フォーラムの脇を行き来する列車の眺めと有楽町方面の夜景が楽しめる。
左/ビルの北側にあるエントランスのアプローチ。少し距離があるのも非日常空間への巧みな演出効果。
右/ホテルのエントランスもひっそりしている。バンケットのゲストとは動線が分けられているのもポイント。



IMPRESSION ★★★★☆
 現在ほど外資系ラグジュアリーホテルが進出していなかった頃に先陣を切ってオープンした同ホテル。8年ぶりの宿泊になったため、以前とは館内のレイアウトが大胆に変更されており一瞬戸惑うほどだったが、ホテルの入居するビルの北側、外堀通りから伸びる長いアプローチは今も変わらず高揚感をかきたててくれる仕掛けとして機能している。低層階にあるので、南向きの客室は目の前にある換気塔が必ず視界に入ってくるのが少し残念。次の機会は列車が目の前を行き交う線路側の客室にチャレンジしてみたい。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル