トップページ 国内のホテル 海外のホテル
FOUR SEASONS HOTEL TOKYO AT OTEMACHI
フォーシーズンズホテル東京大手町<東京・千代田>
デラックスルーム(皇居御苑ビュー) 2020年11月宿泊 https://www.fourseasons.com/jp/otemachi/
高層ビルがひしめくオフィス街と深い森に覆われた皇居御苑
新旧東京の情景を眺めるに相応しい都心の極上リトリート






PUBLIC SPACE
左/館内の中心部に設けられたレセプションエリア。ドーム型の天井やフラワーアレンジメントが華やか。
右/レセプションの前には左右対称にシッティングスペースが設置され、包まれるような造形も印象的。
左/大手町駅に直結する商業施設の北側、静かな一角に設けられたホテル専用のエントランスホール。
右/39階のロビーでエレベーターを降りると目の前に現れる水盤。右手にコンシェルジュデスクを用意。



ROOM
左/グレーをベースにした色調で落ち着いた印象のベッドルーム。枕元のパネル操作もわかりやすい。
右/窓辺には大型のカウチソファが設置され、眼下に広がる皇居と東京の街のパノラマが堪能できる。
左/ライティングデスクとしても利用可能なテーブルとソファも備わり、ガラス越しにバスルームも見える。
右/エントランスの右手に備わるウォーウインクローゼットは、手前のミニバーと連続性のあるデザイン。



BATH ROOM
左/バスルーム越しに外が見える洗面カウンター。円形のダブルシンクが備わり、スペースも充分確保。
右/大きな窓に面して設置された独立型のバスタブ。深さはないもののゆったりと足を伸ばせるサイズ。
左/アメニティーは香りの出版社がコンセプトのフレデリックマルを採用。フランス製なのも好感ポイント。
右/バスルームはシャワーブース一体型。レインシャワーとハンドシャワーが備わり水圧と湯量も充分。



POOL
左/39階に設置された屋内温水プール。20mの長さが確保され、ロッカールームから直接アクセス可能。
右/プールに備わる大きな窓からは東京の北側の景色が眺められ、用意されたソファもフォトジェニック。
左/プールの男性用ロッカールーム側にはバイタリティプールが備わり、運動後の疲れた身体を癒せる。
右/プールサイドには2人用のデイベッドなど大きめのチェアーが置かれ、スタッフの手入れも行き届く。



SPA
左/ロビーからスパへ向かうアプローチ。客室階から専用エレベーターがあり、バスローブで移動できる。
右/著名な建築家がデザインしたスパのレセプション。トリートメントルームからは東側の景色が望める。
左/ロッカールームには温浴施設も用意され、浴槽、スチームルーム、広めのシャワーブースが備わる。
右/ロッカールームはコンパクトでドレッサーの数も限られるが、スタッフにより清潔感が保たれている。



DINING
左/フレンチダイニング・エストとバー・ヴェルテュへ伸びるアプローチは重厚感漂うライブラリーのよう。
右/ロビーの動線も兼ねているラウンジ。皇居を見渡す位置にあり、和風のアフタヌーンティも提供する。
左/イタリアンダイニング・ピニエートにはオープンエアのテラスを用意。開放的な空間で食事が出来る。
右/大きな窓の外に皇居が広がるピニエート。間口は広くないが南へ回り込むように奥行きのある造り。



OTHER
左/ホテルの外観。大手町の再開発地区に聳え立つ複合施設・大手町ワンの34階〜39階を占有する。
右/38階の客室からの眺め。夜は皇居の森の中に浮かぶ武道館と奥に広がる新宿のビル群が鮮明に。
左/観音扉が印象的な1階のホテル専用エントランス。商業施設から直接アクセスできる出入口も用意。
右/エントランスの奥に設置されている長いエスカレーターは3階にあるバンケットフロアとの往来専用。



IMPRESSION ★★★★★
 平将門の首塚が今も残る三井物産本社ビルの跡地に新たに建てられた複合施設・大手町ワンの上層階を占有し、今年の9月に開業したばかりのホテル。ロビーはホテル最上階の39階にあり、ラウンジ、バー、2つのダイニングに加えて、スパやプールも同じフロアに備えている。ロビーやラウンジには水盤が広がり、イタリアンダイニングのピニエートには屋外テラスが用意されるなど贅を尽くした造りが魅力。客室は落ち着いた色調で整えられ、バスルームからも皇居を見渡せるなど立地が存分に活かされている。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル