トップページ 国内のホテル 海外のホテル
HYATT REGENCY DAR ES SALAAM,
THE KILIMANJARO
ハイアットリージェンシーダルエスサラームザキリマンジャロ<タンザニア・ダルエスサラーム>
セレンゲティスイート 2018年12月宿泊 https://www.hyatt.com/en-US/hotel/tanzania/hyatt-regency-dar-es-salaam-the-kilimanjaro/darhr
官公庁や大使館が立ち並ぶ整然とした街並みに居を構え
充実した施設を備える東アフリカ屈指のラグジュアリーホテル






PUBLIC SPACE
左/中2階の天井から吊るされた豪華なシャンデリアが印象的なロビー。水盤を渡るとラウンジが広がる。
右/エントランスを抜けると目に入るのが水盤の中から伸びる螺旋階段。エレベーター2基は直角に配置。
左/大きな窓の外に庭園を望む明るいシッティングスペース。全体的に調度品がゆったり設置されている。
右/アフリカの大地を描いた壁画が背面に飾られたレセプション。スタッフの接客姿勢は積極性に欠ける。



ROOM
左/ベッドルームには四柱式の立派なベッドが備わる。ほとんどの電源がユニバーサルタイプなので便利。
右/テレビは薄型で最新式のものを用意。ライティングデスクの箱の中の文具類は整理されていなかった。
左/リビングルームの窓辺にロングソファが2脚用意されている。天井から床まで一面が窓なので明るい。
右/エントランスを入ってすぐ左手にあるダイニングスペース。飾り棚やミニバーはあるが少し寂しい印象。



BATH ROOM
左/ベッドルーム側にガラスの開口部を設けたバスルーム。独立型のバスタブは身体を伸ばせるサイズ。
右/壁に据え付けられた楕円形のシンクも個性的。棚が設置されているので物を置くスペースに困らない。
左/アメニティーは地元のイナヤザンジバルのプロダクトを採用。詰め替えボトルでもポンプ式なので便利。
右/シャワーブースには2種類のヘッドを用意している。ハンドルの操作はわかりやすいが動きは固かった。



POOL & SPA
左/1階(3階部分に相当)のテラスにせり出すように造られたリゾート感の漂う23mのインフィニティプール。
右/目の前にダルエスサラーム港を眺めるプールサイドには、デッキチェアーとカバナが用意されている。
左/プールと同じ階の屋内に設置されているスパのレセプションスペース。テラスに面しているので明るい。
右/スパとはエレベーターホールを挟んで反対側にあるフィットネスジム。24時間いつでもアクセス出来る。



DINING
左/ホテルの最上階に位置するルーフトップバー・レベル8。ダルエスサラームの街を見渡す絶景スポット。
右/レベル8には屋外のラウンジスペースも用意されているので、夕刻は沈む夕日を眺めることが出来る。
左/ロビー階にあるオールデイダイニング、ザ・パームブラッセリー。涼しげな庭園を眺めて食事が摂れる。
右/ロビーの奥に広がるフレイムツリーラウンジ。大きなソファ席がゆったり配置され、中庭にも席を用意。



OTHER
左/ホテルの外観。街の中心部にありながらも静かなロケーションで、フェリーターミナルへ歩いて行ける。
右/港とは反対側の客室からの眺め。半島のような地形なので、街の向こうにはインド洋が広がっている。
左/アプローチの長いエントランスでは双頭の獅子像が出迎えてくれる。入館の際は手荷物検査が必須。
右/長いアプローチの両脇には涼しげな水音が聞こえる庭園が広がり、非日常的な空間を演出している。



IMPRESSION ★★★☆
 ダルエスサラームの港湾が目の前に広がる場所にあり、ザンジバル島へのフェリーターミナルも程近い立地と眺めの良さが魅力的。敷地へ入るためのセキュリティゲートがあり、エントランスでは手荷物検査もあるので治安の悪い街とはいえ、安心して滞在することが出来る。セレンゲティスイートと名付けられた部屋をアサインされ快適な滞在が出来たが、公式サイトで謳われているクラブラウンジについて、エレベーターには6階と案内がされているもののクラブラウンジはなく、レセプションで確認しても要領を得なかった。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル