トップページ 国内のホテル 海外のホテル
HYATT REGENCY HAKONE RESORT & SPA
ハイアットリージェンシー箱根リゾートアンドスパ
ゲストルーム(ツイン) 2011年5月宿泊



ROOM
左/前回宿泊した部屋の反転したタイプで、基本的な部分には変わりなく、経年劣化もまだ感じられなかった。
右/窓辺のテラスは磨かれたタイルに光が反射して独特な雰囲気。箱根の山を眺めながらゆったり過ごせる。
左/木の温かみが感じられるキャビネットやデスクはホテルライクではなく、自宅にいるような寛ぎを感じさせる。
右/一人掛けのソファは肘掛の間隔が狭く身体の大きな人には少し窮屈な印象。座面にもう少し奥行が欲しい。



BATH ROOM
左/クローゼットの奥にあるバスルーム。寒冷地によく見られるタオルウォーマーを設置しているのが印象的。
右/スクウェアなシンクが置かれた洗面スペースには椅子も備え付けられ、ドレッサーとしても利用ができる。
左/ガラスで仕切られ洗い場もあるバスタブは日本人向き。大浴場のようなしっとりとした質感がないのが残念。
右/アメニティはハイアット系列のホテルで見かけるオリジナルのものを使用。その他は籠の中にディスプレイ。



IMPRESSION ★★★★☆
 震災による不要不急の旅行に対する自粛ムードもあり、個人的にもいまホテルに泊まってレポートを掲載することが本当に必要なのか色々考えたものの、今回の宿泊料の一部が震災の義援金に回ること、そして何より国内でお金を落とすことが経済を活性化させるためには必要なことだと思いレポートを掲載することに。
 落ち着いた雰囲気は前回訪問時と変わりなく、黄昏時の暖炉の前で物思いに耽ったり、スパでの丁寧なトリートメントを受けることで、心身ともに日常を忘れてリラックスした気分を堪能できた。


ハイアットリージェンシー箱根トップ

マウンテンビューツインルーム(2015年12月宿泊)

ゲストルーム(ツイン)(2007年6月宿泊)


トップページ 国内のホテル 海外のホテル