トップページ 国内のホテル 海外のホテル
ANA INTERCONTINENTAL BEPPU RESORT & SPA
ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ<大分・別府>
クラブインターコンチネンタルキング 2021年3月宿泊 https://anaicbeppu.com/
至るところから立ち上る源泉の湯煙がたなびく幻想的な街並みと
別府湾を見下ろす高台に築かれた絶景の天空ホテル






PUBLIC SPACE
左/エントランスを抜けると現れるロビー。高さのある吹き抜けと大きな開口で広がりを感じられる造り。
右/ロビーの中央には水盤が設置され、両サイドに雰囲気の異なるシッティングスペースが用意される。
左/ロビーの奥はガラス張りになっていて、金色のデザインが目を引くレセプションデスクもその一角に。
右/別府の街並みを一望することができる窓際にはソファセットが備えられ、ゆったりと景色が楽しめる。



ROOM
左/窓に正対するように配置されたベッド。格子状に組まれたヘッドボードはバスルームが透ける意匠。
右/窓側に設置された居心地のいいL字型のソファ。テーブルの上にはウェルカムギフトのマカロンが。
左/ソファの反対側にはテレビと一人掛けのソファを配置。バルコニーにも大きめのカウチソファを用意。
右/客室の入口に置かれたデザイン性の高いキャビネットにはミニバーが収まり、冷蔵庫は引き出し式。



BATH ROOM
左/ベッドの後ろに位置するダブルシンクの洗面カウンター。ブラインドを下ろすことで間仕切りが可能。
右/シャワーブースとトイレの間に設置されたオーバル型のバスタブ。透明なガラスで仕切られている。
左/アメニティはインターコンチネンタルが提携する米国のフレグランスブランド・アグラリアのプロダクト。
右/大理石で囲まれたバスルームには長方形のレインシャワーと大きめのハンドシャワーも完備する。



CLUN LOUNGE
左/3階に設置されたクラブラウンジ。エントランスを入って右側は落ち着いた雰囲気のラウンジエリア。
右/左側のダイニングエリアにはブッフェカウンターも設置。しっかりしたアフタヌーンティが提供される。
左/クラブラウンジは建物の北側に位置していて、窓から別府の街を見渡すことが出来ないのは残念。
右/クラブラウンジのエントランス。エレベーターホールに近く、カードキーをかざして入室するスタイル。



POOL
左/高台の傾斜地という立地を存分に活かしたインフィニティプール。眼下に広がる景色を堪能できる。
右/プールに隣接して設けられた円形のジャグジー。プールサイドにはプライベートカバナも2箇所ある。
左/プールを望む場所にあるラウンジ・アクア。スパへの通路上にあり、軽食や飲み物を用意している。
右/アクアの館内はパラゴンという高級な木製スピーカーが設置され、心地のいい音楽が流れている。



SPA
左/1階には男女入れ替え制の温泉施設を備え、檜風呂と岩風呂の趣向の異なる浴室を用意している。
右/屋外には露天風呂も完備。浴槽は階段状になっていて、遮るもののない絶景は一見の価値がある。
左/温泉施設は立ち寄り利用も可能なためタオルなどは全て用意され、スタッフの目も行き届いている。
右/ラウンジの手前から伸びる秘密めいたアプローチの奥にあるハーンヘリテージスパのエントランス。



DINING
左/ロビー棟4階はダイニングフロアになっていて、オールデイダイニングのエレメンツは明るい雰囲気。
右/オープンキッチンを囲むようにカウンター席を設置したアトリエ。目の前で作られた料理が味わえる。
左/エレメンツの南側には眺めのいいテラス席が用意されていて、朝日を浴びながら朝食が楽しめる。
右/ロビー階から客室への動線上に位置するザ・ラウンジ。小ぢんまりとしていて、居心地のいい空間。



OTHER
左/別府でも標高の高い場所にある明礬温泉より、さらに坂を登った場所に建てられたホテルの外観。
右/客室からの眺め。街の至る所から立ち上る湯煙とその先に広がる別府湾のパノラマを堪能できる。
左/大きな屋根を掲げたホテルのエントランス。別府駅とホテルの間は専用車が定期的に運行している。
右/クラブインターコンチネンタルの客室には専用の露天風呂が設置され、好きな時に温泉が楽しめる。



IMPRESSION ★★★★★
 国内随一の温泉湧出量を誇ることでも知られる一大温泉地・別府に初めて誕生した外資系ブランドホテル。別府駅から専用車に揺られること30分、急な坂道を駆け上った先に聳えるホテルの館内に入ると大きな窓からは別府の街と別府湾の雄大なパノラマが広がり、斜面に設置されたインフィニティプールや風情のある露天風呂からも堪能できることが最大の魅力。標高300m超から望む景色は都会の高層ビルも適わないほど。外国人スタッフも多いが、卒なく日本語を話せるのでコミュニケーションも問題ない。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル