トップページ 国内のホテル 海外のホテル
INTERCONTINENTAL PORTO
PALACIO DAS CARDOSAS
インターコンチネンタルポルトパラシオダスカルドサス<ポルトガル・ポルト>
キングエグゼクティブルーム 2018年5月宿泊 https://www.ihg.com/intercontinental/hotels/gb/en/porto/prtha/hoteldetail#
美しい建物が立ち並ぶリベルダーデ広場の真正面に臨む
世界遺産のフォトジェニックな街並みに風格を漂わせる宮殿ホテル






PUBLIC SPACE
左/中庭からガラス越しに光が差し込み、シャンデリアや床面の模様でエレガントに仕上げられたロビー。
右/回転扉のエントランスを入って正面にあるコンシェルジュデスク。奥の通路はダイニングへとつながる。
左/105室というホテルの規模に合わせて、チェックイン・アウトともにゆっくり座って手続きできるスタイル。
右/中庭にせり出すように造られたガラス張りの階段室。優雅にカーブを描く姿と赤い絨毯はまさに宮殿。



ROOM
左/間口が広めに取られた客室は天井高もあって広く感じられる。ベッドのサイドテーブルにUSBも備わる。
右/窓辺に設置されたクラシカルな脚のデザインが印象的なソファ。ミネラルウォーターは瓶で提供される。
左/広めに取られたエントランスにはクローゼットが設けられ、コーナーのキャビネットにミニバーが収まる。
右/壁際にはガラスの天板を載せたライティングデスクが配置され、液晶テレビは少し高めの場所に設置。



BATH ROOM
左/バスルームの奥に設置された洗面台はバスタブ部分までカウンターがあるので広く使うことが出来る。
右/バスタブは少し奥行が狭いながらも足を伸ばしてお湯に浸かれる。排水の蓋が緩いのが気になった。
左/アメニティはアメリカのフレグランスメーカー・アグラリア。インターコンチネンタルで広く採用されている。
右/独立した広いシャワーブースには2種類のシャワーヘッドを完備。オーバーヘッドの水圧は物足りない。



DINING
左/メインダイニングのアストリアレストラン。屋内はフォーマルな雰囲気だが広場側にはテラス席も用意。
右/かつての宮殿の名前を冠したカルドサスバー。ファドナイトの時間帯は多くのゲストで混み合っていた。
左/朝食は中庭側に増築された専用のダイニングに用意。ブッフェの他に一品、卵料理などが注文できる。
右/充分な広さの朝食用ダイニング。ロビーの階段室脇に入口があり、普段はカーテンで閉ざされている。



OTHER
左/ホテルの外観。リベルダーデ広場を囲む建物群の中でもアイコンのひとつになっている歴史的建造物。
右/リベルダーデ広場の真正面に構えられたホテルのエントランス。日中は人通りと車通りが途絶えない。
左/2階の客室からの眺め。広場の奥にあるポルト市庁舎まで遮るものなく見渡せる絶好のロケーション。
右/地下には階段室側にボールルームがあり、反対側には小規模なスパ施設とフィットネスジムが備わる。



IMPRESSION ★★★★
 ポルト市庁舎のあるリベルダーデ広場の真正面に建つ18世紀末の宮殿を改装したクラシカルな外観が絵になるホテル。東側にサン・ベント駅、西側の坂を登るとクレリゴス教会があり、ポルトの主な観光名所は徒歩圏内という立地で、日中は観光バスや旅行者が行き交いとても賑やか。一転、館内は高級時計店や宝飾店があり高級感漂う雰囲気。広場側の客室は低層階でも視界が開けているので景色を楽しむことが出来る反面、二重窓にはなっていないため夜は外を走る車の音や地下を走るトラムの音が気になった。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル