トップページ 国内のホテル 海外のホテル
JINMAO HOTEL LIJIANG
ジンマオホテル麗江<中国・麗江>
スタンダードスイート(1キングベッド) 2019年7月宿泊 https://www.hyatt.com/en-US/hotel/china/jinmao-hotel-lijiang/ljggh
整然とした区画で開発が進む新市街に広大な敷地を所有する
玉龍雪山を借景とした池泉を囲むフォトジェニックリゾート






PUBLIC SPACE
左/池にせり出すように建てられたロビー。3面が開口部になっていて天井も高いので開放感がある空間。
右/エントランスの左右にレセプションとコンシェルジュデスクを配置。レセプションは常に混み合っていた。
左/充分な椅子を用意したロビーのシッティングスペース。一角には天蓋の付いたソファも置かれている。
右/宿泊棟のエントランスロビーはシンプルな造り。各棟で客室数も建物の仕様や雰囲気も若干異なる。



ROOM
左/リビングルームのシッティングスペース。大き目のロングソファとともにロッキングチェアが設置される。
右/ベッドルームは木目が多用され温もりを感じる雰囲気。USB電源を備えているが通電していなかった。
左/リビングルームに用意された巨大なキャビネット。裏手に大きなウォークインクローゼットを完備する。
右/部屋を仕切る壁の両面にテレビが掛けられる。スツールはあるがライティングデスクとしては不向き。



BATH ROOM
左/手水鉢のような存在感のあるボウルが並んだ洗面台。カウンターは広さもあり、収納スペースも確保。
右/木目の壁面がアクセントになっているバスタブ。深さはないが足を伸ばして寝そべるように浸かれる。
左/アメニティーはハイアット系列で見かけるポルティコ。チューブタイプだったので使い勝手は良かった。
右/シャワーブースはベンチを備え、スクエア型のレインシャワーとハンドシャワーも用意。密閉性も高い。



POOL & SPA
左/リゾートの東端にあるスパのレセプション。プールなどの施設は中庭を挟み、渡り廊下で繋がっている。
右/25mの屋内プール。プール専用棟になっているので4面すべてに開口部があり、余裕のあるレイアウト。
左/プールの手前に設けられた棟には広いロッカールームが備わり、ジャグジーやサウナも設置している。
右/スパのシャワーブース。全体的にスタッフの目が行き届いてなく、室内は目に余るほど雑然としていた。



DINING
左/伝統家屋を模した中庭を持つダイニング棟。館内でテイストが異なり、大きく3つのエリアに分かれる。
右/グリル料理を提供するオープンキッチンを持つエリア。夜はシーフードがメインのブッフェのみの営業。
左/ダイニング棟の脇にあるベーカリー。クラブラウンジが改修中の間、こちらで飲み物が提供されている。
右/池の中央にあり、長いアプローチが高揚感を演出するティーハウス。プーアール茶の販売もしている。



OTHER
左/大きな池を囲むように建てられたリゾートの景観。天気が良ければ背後に玉龍雪山の姿が見られる。
右/立派な門を抜けると現れる車寄せとエントランス。中国人ゲストが多く朝方は特に荷物が溢れていた。
左/基本的にすべての客室にテラスかバルコニーが備わる。ロッキングチェアーに座ってゆっくりと寛げる。
右/バルコニーからの眺め。サイトの画像と違い、晴れても玉龍雪山が見えない位置にあったのが残念。



IMPRESSION ★★★★
 古城地区から車で10分ほど離れた新市街の北端に位置するリゾート。中央の池とティーハウスを囲むように宿泊棟が立ち並び、晴れていれば玉龍雪山が一望できる絶好のロケーション。グランドハイアットから名称変更されたホテル名でもわかるように、上海と同じ金茂グループが運営し、敷地内には立派なショッピングモールが併設されているが、高級ブランドはほとんど看板だけで営業していなかったのが気になった。ダイニングなどの営業状況がディレクトリーやウェブサイトとは異なる部分も多くアップデートが望まれる。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル