トップページ 国内のホテル 海外のホテル
THE MAJESTIC MALACCA
マジェスティックマラッカ<マレーシア・マラッカ>
デラックスルーム 2016年12月宿泊 http://www.majesticmalacca.com/index.html
東洋と西洋の交易で栄えたエキゾチックな街並みに相応しく
クラシカルな雰囲気を纏ったホテルで黄昏に染まる時間を過ごす






PUBLIC SPACE
左/コロニアルな雰囲気が漂う本館のロビー。客室棟へはロビーの奥にある扉から外に出てアクセスする。
右/エントランスの左手に設置された趣きのあるレセプション。階段は2階のダイニングにつながっている。
左/ロビーに隣接した小部屋はゆったりとしたソファセットが置かれ、アフタヌーンティもここで提供される。
右/ライブラリースペースと同様に、館内は至る所にエメラルドグリーンの差し色が使われ上品な雰囲気。



ROOM
左/四隅に柱が伸びる意匠がクラシカルな雰囲気を醸し出すベッド。スイッチが片側にしかなく不便な面も。
右/大きく蛇行するマラッカ川を見下ろす窓際に設置されたカウチソファ。生地の色褪せが少し気になった。
左/壁側に設置されたライティングデスクはドレッサーとしても使える。電源の位置は便利だがUSBはない。
右/一人掛けのソファが置かれたベッドサイドは、照明と電話のみでシンプル。枕元に電源が欲しいところ。



BATH ROOM
左/楕円形の鏡が印象的な洗面カウンター。限られた面積ながら配置の工夫でそれほど狭さは感じない。
右/部屋の中で一際存在感を放つ猫足のバスタブ。深さもあるので身体が包み込まれる感覚を味わえる。
左/レインシャワーも備えたシャワーブース。ハンドル操作がわかりづらく、お湯が出るまで時間がかかる。
右/アメニティーは地元ブランド・マンゴスチンを用意。シャンプーとバスジェルは詰め替えられるエコ仕様。



SPA & POOL
左/本館と宿泊棟の間に設置された屋外プール。スパの内廊下からも涼しげな水面を眺めることが可能。
右/オーバーフロースタイルのプールは常に水音を奏でる。プールサイドで寛ぐゲストの姿も多く見かけた。
左/プールに隣接している建物は四方がガラス張りで、明るく開放的なトレーニングルームになっている。
右/宿泊棟の1・2階はこのホテルと系列が同じパンコールラウトリゾートでも有名なスパヴィレッジの施設。



DINING
左/本館の2階にあるメインダイニング・マンション。往時の面影を偲ばせるクラシカルで気品漂うホール。
右/窓からマラッカ川が見えるダイニングでは、マレーシアのローカル料理を気軽に味わうことが出来る。
左/マンションでの朝食はブッフェを並べる専用の部屋が用意されている。温かい料理も一品付いてくる。
右/ロビーを入って右手に設けられているレトロな雰囲気のバーカウンター。歴史と風格を感じる佇まい。



OTHER
左/ホテルの外観。2階建ての本館の後ろに高層の宿泊棟が建っている。旧市街までは徒歩で10分ほど。
右/客室からの眺め。マラッカ川を挟んで伝統的な家屋と高層ビルが共存し、左手にマラッカ海峡も望む。
左/季節柄、華やかな装飾が施されたホテルのエントランス。掲げられたホテルの文字にも味わいがある。
右/エントランス前のテラスにはソファセットも備わり、屋根があるので強い日差しや雨の心配もなく寛げる。



IMPRESSION ★★★★☆
 マラッカ旧市街の北側に建つ歴史を感じさせる佇まいのホテルは、ニセコでもホテルを運営するYTLホテルズの系列でSLHにも加盟している。小規模ながらプールやスパ施設も整い、客室はバスルームの扉が開け放てるので数字よりも広く感じられ、猫足のバスタブを備えるなど質感も高い。ホテルのウェブサイトから予約するとディナーの前菜とメインが無料となり、平日はスパのトリートメントまでついてくるのが魅力。ダイニングは格調高いが、ホテルでありながら価格はとてもリーズナブルでかつ洗練された食事を楽しめる。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル