トップページ 国内のホテル 海外のホテル
MANDARIN ORIENTAL, TOKYO
マンダリンオリエンタル東京
デラックスプレミアルーム 2016年7月宿泊






ROOM
左/客室のインテリアでも象徴的なソファ。座面にそれほど奥行きはないがオットマンがあるので寛げる。
右/黒く艶やかなヘッドボードがオリエンタルな雰囲気を醸し出すベッド。行灯型の照明は今もなお新鮮。
左/ダイニングにも利用できる大きなライティングデスク。ソーイングキットや文具類が揃っているのも特徴。
右/ミニバーや天板の裏に鏡を備えたドレッサーが組み込まれたキャビネット。液晶テレビに時代を感じる。



BATH ROOM
左/円形の黒いシンクがオリジナリティを放つ洗面カウンター。ブラインドは開閉可能で、鏡もスライドする。
右/バスタブの左手にある扉がなくオープンなシャワーブース。シャワーが3種類用意されているのも贅沢。
左/半円形を描くバスタブは広々としていて、バスピローやテレビも備わっているのでゆっくりと浸かれる。
右/新しくなったアメニティはフィレンツェ生まれのロレンツォ・ヴィロレーシ。このホテルのオリジナル仕様。



IMPRESSION ★★★★★
 海外のマンダリンオリエンタルはよく利用するものの東京は久しぶりの宿泊。誕生日ということは宿泊予約の際に伝えていたが、それぞれ別に予約を入れていたランチやスパでもバースデーケーキやアロマテラピーアソシエイツのボディジェルをプレゼントしていただき、さらには朝食でも可愛いマカロンが乗ったバースデープレートを用意してもらい、その徹底ぶりには脱帽。開業から10年を経過し、細かい部分に少し傷みを感じるところもあったが、今後予定しているリニューアルによりさらなるブラッシュアップに期待が高まる。


マンダリンオリエンタル東京トップ

マンダリンコーナールーム(2009年7月宿泊)

マンダリングランドルーム(2005年12月宿泊)


トップページ 国内のホテル 海外のホテル