トップページ 国内のホテル 海外のホテル
PARK HYATT BANGKOK
パークハイアットバンコク<タイ・バンコク>
2ツインベッドルーム 2017年7月宿泊 https://www.hyatt.com/en-US/hotel/thailand/park-hyatt-bangkok/bkkph
聳え立つ高層ビルの中でも一線を画す流線形の美しいフォルム
巧みな動線と様々な工夫が施された居心地のいい天空のレジデンス






PUBLIC SPACE
左/1階のエントランスホール。地下のバンケットルームへ伸びる螺旋階段とシャンデリアの意匠も美しい。
右/ロビー階にあるモダンなライブラリー。左手にビジネスセンター、奥にミーティングルームを完備する。
左/視界の広い北側を望むシッティングスペース。エレベーターホールへ続く吹き抜けの廊下も絵になる。
右/オリエンタルな雰囲気が感じられるレセプションエリア。コンシェルジュデスクと左右対称のレイアウト。



ROOM
左/スタンダードな客室ながら間口が広く、窓に向けて2台のベッドが並ぶ。枕元にはUSBと電源も備わる。
右/ゆったりとしたソファセットが置かれたリビングスペース。ライティングデスクが省かれているのも特徴。
左/廊下とウォークインクローゼットの間に置かれたキャビネットに収まるミニバー。冷蔵庫は引き出し式。
右/窓際の55インチ薄型テレビはスタンドに設置されているので、ソファの方へ簡単に角度が変えられる。



BATH ROOM
左/一面ガラス張りで開放感のあるバスルーム。独立したオーバル型のバスタブもゆったり入れるサイズ。
右/洗面カウンターもダブルシンクで広々とした造り。アメニティーは脇のキャビネット内に収納されている。
左/シャワーブースも2面がガラスで外光が差し込む明るい空間。シャワーの切り替えや温度設定も快適。
右/アメニティーは多くのパークハイアットで採用されるニューヨーク生まれのルラボ。香りの高さも特徴的。



POOL
左/9階のテラス部分に設けられた屋外プール。高層ビルの中にありながら、木陰で寛げる心地いい空間。
右/プールのエッジはインフィニティスタイル。近くに背の高い建物がないため、開放的な眺めを楽しめる。
左/長さは約40mで子供が遊べる水深の浅いエリアもある。エレベーターとプールの動線に竹林の小径も。
右/プール西側にはビルの形状による段差を活かした雛壇状のテラスがあり、最上段にはガゼボも用意。



SPA
左/11階にあるスパのレセプション。フィットネスジムが隣接していて、トリートメントルームは階下を使用。
右/階段を下り、長い通路の先にある広々としたトリートメントルーム。タイ式マッサージ用の布団も完備。
左/トリートメントの後に案内されるリラクゼーションルーム。お茶とフルーツが振る舞われゆっくり出来る。
右/11階にある男女別のロッカールーム。清潔感があり、奥には大きなシャワーブースも用意されている。



DINING
左/レセプションから続く長い階段を下りた先に広がるリビングルーム。高い天井と2面採光で明るい印象。
右/プールの広がるテラスに面したオールデイダイニングのエンバシールーム。屋外にテラス席も備える。
左/最上階の36階にあるルーフトップバー。個性的な高層ビル群が聳えるバンコクの街並みを見渡せる。
右/34階から3層に広がるペントハウスバー+グリル。35階にあり中2階を持つバーラウンジの内装も優雅。



OTHER
左/北側の客室からの眺め。英国大使館の広大な敷地が緩衝地帯となっているため眺望が開けている。
右/個性的なビルが立ち並ぶ中、流線形のスタイルが目を引くセントラルエンバシーの上層階を占有する。
左/1階のコーナー部分にあるホテルゲスト用のエントランス。夜はライトアップされ周囲が金色に光輝く。
右/建物の形に合わせて館内も複雑な造り。ホテルゲストと外部ゲストの動線は完全に分離されている。



IMPRESSION ★★★★★
 BTSプルンチット駅と連絡通路でつながる高級ショッピングモール・セントラルエンバシーの上層階を占有し、片腕で抱え込むような建物の形に合わせて考えつくされた館内のレイアウトは大胆かつ工夫の感じられる造りになっている。北側が英国大使館の敷地のため視界を遮るものがなく開けているので、9階のプールや11階のフィットネスジムでも眺望が良い。34階から屋上まで続くペントハウスグリル+バーは内階段で一体感のある空間に仕上げられ、グラマラスな雰囲気の中で食事と聳えるビル群のパノラマが楽しめる。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル