トップページ 国内のホテル 海外のホテル
PARK HYATT SYDNEY
パークハイアットシドニー<オーストラリア・シドニー>
オペラキング 2016年1月宿泊 http://sydney.park.hyatt.com/en/hotel/home.html
ハーバーブリッジを背後に従えた入江に寄り添うようなファサード
白亜のオペラハウスと対峙する稀有なるシチュエーションを堪能する






PUBLIC SPACE
左/車寄せの大きな扉を入るとすぐに現れるレセプションデスク。広さはないが開口部が多く明るい印象。
右/コンシェルジュデスクはエレベーターホールにあり、客室に向かう場合はここを通る動線になっている。
左/サーキュラーキー側のエントランス。整然とした館内はモダンな美術館のようで華美な装飾は少ない。
右/客室階のエレベーターホール。細長い建物なのでオペラハウスの見える部屋はかなり歩くことになる。



ROOM
左/縦格子や行灯のような照明がアジアのテイストを感じさせるベッド。カーテンは枕元のパネルで開閉。
右/オペラハウスビューにも関わらず部屋の真正面に見ることは出来なかったが、鏡には映り込んでいた。
左/部屋の広さに比べ存在感のある円形のダイニングテーブル。USBなど多用途の電源パネルが備わる。
右/造り付けのカウンターにテレビとiPod対応のスピーカーを設置。鏡の裏はミニバーが格納されている。



BATH ROOM
左/洗い場付きのバスタブとダブルシンクの備わる機能的なバスルーム。独立したトイレは温水洗浄便座。
右/少しでも幅を広く取れるよう斜めに配置する工夫が施されたバスタブ。ベッド越しに外の景色も望める。
左/バスルームは2種類のシャワーが用意されるが、レインシャワーは見た目より水圧が弱く物足りない。
右/アメニティにはニューヨーク生まれのフレグランスメーカー、ルラボのベルガモットシリーズが用意する。



SPA & POOL
左/ハーバーブリッジの取り付け道路が頭上に迫るルーフトップのプール。アクセスはルームキーが必要。
右/プールサイドにはデッキチェアが所狭しと並び、プライベート感の高いカバナのような空間も設置する。
左/ロックス地区のレトロな建物やシティの高層ビル群を見渡すジャグジー。オペラハウスの姿も見られる。
右/3階の一角の見過ごしそうな扉の奥にスパが併設されていて、別の場所にはフィットネスジムも備わる。



DINING
左/海に向かいせり出すように弧を描くダイニングルーム。地元の食材を使った料理は盛り付けも美しい。
右/大きな窓から明るい光が差し込むリビングルーム。シドニー湾の景色を眺めながら寛ぐことが出来る。
左/暖かみを感じさせる色合いで統一されたバーラウンジ。日中はこちらでもアフタヌーンティが楽しめる。
右/朝食もダイニングルームで提供される。窓際の席は朝日に照らされて輝くオペラハウスを満喫できる。



OTHER
左/客室のバルコニーからの眺め。オペラハウスを真横に眺めながら宿泊できるシドニーで唯一のホテル。
右/ホテルの外観。ハーバーブリッジの架かる岬の先端に建ち、入江に沿うように建物がカーブしている。
左/一枚ガラスの自動扉が独特なメインエントランス。徒歩だとサーキュラーキー側のエントランスが便利。
右/シドニー湾に面したバルコニー。シティハーバービューでもバルコニーからオペラハウスが眺められる。



IMPRESSION ★★★★
 レトロな建物が並ぶロックス地区に建ち、オペラハウスと相対するロケーションが特徴的。サーキュラーキー駅は徒歩圏で、ホテル前の遊歩道は観光客で賑わっており、客室の場所によって気になる場合も。休業して大規模なリノベーションが行われたこともあり、館内や客室などのハード面は素晴らしいが、チェックイン時に作ったキーで部屋のドアが開かないハプニングや、朝食時のスタッフの少なさやラウンジで笑顔なく接客するスタッフがいるなどソフト面は物足りない面が多く、強気なレートに比べて満足度は低い印象に。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル