トップページ 国内のホテル 海外のホテル
THE PENINSULA NEW YORK
ペニンシュラニューヨーク<アメリカ・ニューヨーク>
デラックスルーム 2013年1月宿泊 http://www.peninsula.com/New_York/en/default.aspx
5番街に居を構えホテルとしての歴史を受け継いできた由緒ある佇まい
気品に満ち溢れた空間に誰もが凛と襟を正したくなる






PUBLIC SPACE
左/エントランス正面に広がる吹き抜け空間と華やかな階段。クリスマス仕様の映像が壁面に投影されていた。
右/エレベーターホールから見下ろしたエントランス。中央に吊り下がる美しいシャンデリアがひときわ目を引く。
左/レセプションエリアはクラシカルで重厚感が漂う。ホールを挟んで反対側の小さなキオスクは現役で営業中。
右/エレベーターホールにつながる中央のホワイエは、ドーム型の高い天井を活かしてクリスマスツリーを設置。



ROOM
左/シンプルモダンで落ち着いた雰囲気のベッドルーム。サイドテーブルの操作パネルがペニンシュラならでは。
右/ベッドサイドのクローゼットは小さめだが廊下にも荷物置き場が備わる。サムスン製の液晶テレビは超薄型。
左/ライティングデスクは重厚感のあるデザインで引き出しの中には細やかな備品が収まる。WiFi接続は無料。
右/コートヤードに面した窓辺に置かれたソファ。バルコニーがついているものの窓の外に出ることはできない。



BATH ROOM
左/バスルームは広く取られ、スッキリとしたレイアウト。白とベージュを基調としたシンプルかつ品のある空間。
右/バスタブは充分な大きさでゆったり足を伸ばせる。テレビもついているが、こちらはブラウン管の旧型タイプ。
左/アメニティーは世界各地のペニンシュラで昨年末からお目見えしたばかりのオスカー・デ・ラ・レンタの製品。
右/トイレと左右対称に配置されたシャワーブースは2つのシャワーヘッドと造りつけの腰掛けが備わっている。



POOL & SPA
左/最上階にあるプールはお世辞にも広いとは言えないが、三面に窓がありマンハッタンのパノラマを楽しめる。
右/狭いプールサイドながらソファやデッキチェアーが上手に配置されている。軽食やドリンクもオーダーできる。
左/21階にあるスパのレセプションはキレイな弧を描き、どこかミステリアスな空間。螺旋階段はプールへ続く。
右/レセプションと同じフロアにある男女別のロッカールームは、オリエンタルな雰囲気のウェットエリアも完備。



DINING
左/ロビー階にあるゴサムラウンジ。決して広くはないが上質な大人の社交場で楽しむアフタヌーンティは格別。
右/ゴサムラウンジとエントランスを挟んだ向かいに出来たメインダイニングクレメントはリニューアルしたばかり。
左/クレメントの隣にはコンテンポラリーなインテリアでまとめられたバーカウンターとソファ席も用意されている。
右/クレメントの朝食はセットメニューとアラカルトのみ。アメリカンブレックファスト以外にも和食や中華が選べる。



OTHER
左/重厚感溢れるエントランスも華やかにデコレーション。もちろんニューヨークにも対の獅子像が鎮座している。
右/ホテルの外観は歴史を感じさせる佇まい。夜はライトアップされて5番街の一角に独特な存在感を醸し出す。
左/最上階のプールサイドから見た5番街とその先に広がるセントラルパーク。夏季は屋外のサンテラスも開放。
右/バンケットルームがある3階のロビー。全体を通して内装は外観から想像する古さを感じることがなかった。



IMPRESSION ★★★★☆
 ニューヨークで一度は泊まってみたいホテルのひとつだったペニンシュラ。簡素なコートヤードビューだったのは正直残念だったが、朝早い到着にも関わらず部屋へ通してもらい、長旅の疲れを癒すことができた。エントランスやロビーへ伸びる階段、その先の華やぎに満ちたラウンジやレセプションは長い歴史を感じさせる重厚なしつらえだが、客室はリニューアルされ建具の一部を除けばモダンな装いに仕上がっている。最上階の3フロアを占めるスパ空間はペニンシュラの真骨頂。出来ることならホテルの中だけでゆったりと時間を過ごしてみたい。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル