トップページ 国内のホテル 海外のホテル
THE RITZ-CARLTON, NIKKO
リッツカールトン日光<栃木・日光>
中禅寺湖ビュー(キング) 2020年8月宿泊 https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/nikko
雄大な男体山とその噴火によって造られた中禅寺湖が眼前に広がり
外国の避暑地を訪れたかのような感覚が味わえる美しきリトリート






PUBLIC SPACE
左/エントランスに設けられた大きな一枚扉の自動ドアが開くと現れる和モダンに仕上げられたロビー。
右/中庭に面したロビーには大きな窓が設けられ、ゆったりとしたシッティングスペースも用意している。
左/ロビーから客室へ向かう通路は建物の端まで見通すことが出来、中庭から射し込む光も心地いい。
右/大きな飾り棚で空間が仕切られたレセプションデスク。和服姿のスタッフがゲストを出迎えてくれる。



ROOM
左/シンプルでナチュラルな雰囲気のベッド。サイドテーブルに組み込まれたスイッチの操作が個性的。
右/窓側に設けられたシッティングスペース。造り付けのソファはデイベッドになる大きさで座面は固め。
左/ベッドスペースとはガラスの襖で仕切られ、茶箪笥のようなミニバーの機能性とデザイン性は秀逸。
右/客室には上がり框があり、靴を脱いで上がるスタイル。間仕切りには伝統的な鹿沼組子の技術も。



BATH ROOM
左/縦に長いレイアウトのバスルームは扉を挟んでダブルシンクが用意され、カウンターも充分な広さ。
右/バルコニーの石庭越しに中禅寺湖を望むバスルーム。正方形のバスタブは2人で浸かれる大きさ。
左/日本式のスタイルながら、レインシャワーと2種類のハンドシャワーを用意。風呂桶や椅子も備わる。
右/アメニティーはリッツカールトンでは馴染み深いアスプレイ。備品はカウンターの引き出し内に収納。



SPA
左/南側の宿泊棟の1階に用意されたブランド初の温泉施設。露天風呂には屋根があり雨天でも安心。
右/外に出なくても充分な眺めが確保された内風呂。洗い場の奥にはサウナと水風呂も用意している。
左/男女別の温浴施設に挟まれるように設置された待合スペース。スパの受付は通らずに利用できる。
右/充分な広さが確保されたロッカールーム。整然としていて、スタッフによる手入れも行き届いている。



DINING
左/湖畔に一番近い場所に建てられた2階建てのレークハウス。地元の食材を使った洋食が楽しめる。
右/寿司カウンターと鉄板焼きカウンターも備える日本料理のダイニング。朝食はこちらで提供される。
左/ライブラリーのような空間や風を感じるテラス席もあるロビーラウンジ。常にゲストで賑わっていた。
右/ラウンジに隣接しながらも、夜だけ扉が開かれるバー。壁面のウィスキーボトルがアート作品のよう。



OTHER
左/ホテルの外観。建物の前には庭園が広がり樹木が生い茂っているので、外からは見えにくい造り。
右/客室からの眺め。西向きの中禅寺湖ビューながら角部屋だったため、北側にある男体山も望めた。
左/ホテルのエントランス。どこか城郭を思わせる意匠で、造りも正面からは中を見られない枡形のよう。
右/客室にはバルコニーが備わり、ソファとテーブルも用意している。左手に映る建物がレークハウス。



IMPRESSION ★★★★★
 秋には紅葉の名所として知られるいろは坂を登りきると目の前に現れる雄大な中禅寺湖。その東端の畔、華厳の滝や二荒山神社などの観光スポットにも近い絶好のロケーションに開業したホテルはリゾートライクなゆったりとした雰囲気と高級ホテルの優雅さを併せ持ち、湖を一望するレークハウスは海外の避暑地に来たような雰囲気が感じられる。館内のスパにはホテルブランド初となる温泉施設が備わり、硫黄の匂いを纏った日光湯元温泉のお湯が楽しめ、こだわりを感じる和朝食の豪華さは特筆に値する。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル