トップページ 国内のホテル 海外のホテル
THE RITZ-CARLTON OSAKA
リッツカールトン大阪<大阪・梅田>
クラブジュニアスイート 2017年8月宿泊 https://www.ritz-carlton.co.jp
近代的な高層ビルに開かれたクラシカルな意匠の扉をくぐれば
非日常を追求した気品漂う空間が訪れる人々の心を躍らせる






PUBLIC SPACE
左/レセプションの奥にあるロビーは暖炉が設えられ、優雅な調度品が並び華やかな雰囲気を醸し出す。
右/エントランスを入って右手にあるレセプションデスク。来客を出迎えるスタッフも多く、対応はスムーズ。
左/ホールを挟んでレセプションと反対側の小さく仕切られた部屋に独立したコンシェルジュデスクを配置。
右/
エレベーターホールと思えないほど重厚な雰囲気。キーをかざすと自動で部屋のある階が指定される。



ROOM
左/ベッドはリニューアル以前のヨーロピアンな雰囲気は残しつつ、モダンなデザインへと生まれ変わった。
右/外側にせり出すような窓辺に設えられたライティングデスク。机上の照明が点灯しなかったのが残念。
左/リビングに設置された濃紺のファブリックが印象的なソファ。テレビとの位置関係には少し難点がある。
右/広いホワイエには大きな鏡を備えたドレッサーを設置。クローゼットやミニバーもこちらに集約している。



BATH ROOM
左/バスルームはリニューアル以前と大きな変化はなかったが、左手にあるトイレは最新型に更新された。
右/バスタブには今もなお二重のシャワーカーテンが残されている。縁の薄い部分があり出入りしやすい。
左/シャワーブースも少し年季を感じるオーバーヘッドタイプのシャワーだが、ヘッドの角度は変えられる。
右/アメニティはオリジナル仕様からアスプレイのパープルウォーターに変わりラグジュアリー感が戻った。



POOL
左/低層部分の最上階にあたる6階の20mプール。2面採光になっているが、北向きなので少し暗い印象。
右/プールサイドにはブルーが爽やかなデッキチェアが並ぶ。窓の外には5階に広がる中庭が見下ろせる。
左/屋外テラスにつながる部分に設置されたインドアジャグジー。庭園の緑を眺めながらリラックスできる。
右/テラスには庭園が広がり、円形のジャグジーが備わる。周りをオフィスビルに囲まれた立地も珍しい。



CLUB LOUNGE
左/35階にあるクラブラウンジのダイニングエリア。中央にソファ席、窓側にテーブル席が用意されている。
右/ラウンジのエントランス側にあるラウンジエリア。ゆったりとした空間で楽しむアフタヌーンティは格別。
左/リニューアル時に増床された1部屋分のスペースは食事を提供するカウンターやキッチンも完備する。
右/クラブラウンジのエントランス脇にある専用のレセプションデスク。スタッフは着物姿で出迎えてくれる。



OTHER
左/ホテルの外観。ハービス大阪の複合施設内にあり、ホテルに一歩足を踏み入れると別世界が広がる。
右/ヨーロッパのホテルに来たかような四角い屋根が趣のあるエントランス。車寄せはビルの西側に位置。
左/5階のレストランフロアにある回廊。客室側のエレベーターからアクセスする通路はまるで迷路のよう。
右/北側にあるジュニアスイートからの眺め。梅田スカイビルやグランフロント大阪の向こうに淀川を望む。



IMPRESSION ★★★★☆
 前回の滞在から実に9年ぶり、客室がリニューアルされたのに引き続き、開業20周年の節目にクラブラウンジも改装されたということで再訪することに。館内のクラシカルで格調高い佇まいやスタッフの機敏で感じのいい対応は変わっていなかったが、部屋は以前よりもモダンでスッキリとした印象に変わり、クラブラウンジも華やかな雰囲気に満ちていた。残念だったのは、日本人、外国人に限らずプールやラウンジで配慮やマナーに欠けるゲストが多く見受けられたこと。何かルールを設けるべきでは?と感じることが多かった。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル