トップページ 国内のホテル 海外のホテル
SHANGRI-LA HOTEL COLOMBO
シャングリ・ラホテルコロンボ<スリランカ・コロンボ>
ホライゾンクラブオーシャンビュールーム 2018年7月宿泊 http://www.shangri-la.com/jp/colombo/shangrila/
発展著しい都市の景観と遥かに続くインド洋を見晴らす
コロンボの魅力が凝縮された癒しの最新リトリート






PUBLIC SPACE
左/エントランスを入ると花が咲き誇るようなデザインのシャンデリアがゲストを出迎えてくれる広いロビー。
右/ロビーを右手に進んだ突き当りに並ぶレセプションデスク。スタッフ数が多くゲストへの対応も素早い。
左/ロビーにはエントランスを挟んでシッティングスペースが備わり、待ち合わせ場所として気軽に使える。
右/広い館内にはトラベルデスクや宝飾品店もあり、飲食施設へつながるエスカレーターも完備している。



ROOM
左/モスグリーンを基調にした落ち着いた色合いのベッド。新しいホテルだがスイッチや電源は旧式タイプ。
右/窓辺に設置されているシノワズリーテイストの一対のソファ。両サイドの壁に飾り棚が設けられている。
左/ベッドの正面に設置された大型テレビとライティングデスク。デスク用照明がないので作業には不向き。
右/玄関から伸びるアプローチにはクローゼット、荷物置き、ミニバーが並び、玄関周りが少し手狭な印象。



BATH ROOM
左/石造りのカウンターと鏡や照明が多用された高級感のある洗面スペース。広いシンクも使いやすい。
右/腕を置くスペースが予めデザインに組み込まれたバスタブ。お湯を溜めるのに少し時間がかかった。
左/2面がガラスになっているシャワーブース。扉がトイレ側にあるのは気になるがレインシャワーは快適。
右/アメニティはアーユルヴェーダの理念を取り入れたスパセイロンのプロダクトで、もちろんスリランカ製。



POOL
左/4階にはスパ、プール、フィットネスジムが集まっていて、低層棟の屋上がL字型プールになっている。
右/まるで浅瀬の海のようなアプローチが印象的なプール。目の前に広がっているのは一面のインド洋。
左/プールサイドにはプライベート感の高いデイベッドも設置。バーカウンターや飲食スペースも完備する。
右/テラスには充分なデッキチェアが用意されていて、黄色いカバーと青いタオルのコントラストも映える。



CLUB LOUNGE
左/最上階32階に設置されているホライゾンクラブラウンジ。正面にインド洋を見渡す贅沢なロケーション。
右/ゆとりをもって座席が配置されたダイニングスペース。コロンボの中心部の街並みも見ることが出来る。
左/ガラス張りで開放感の高さが印象的なホライゾンクラブのエントランス。スタッフも明るく親しみやすい。
右/ダイニングスペースの通路に沿って設けられたカウンター。カクテルタイムのブッフェも充実している。



DINING
左/3階にある中国料理のシグネチャーレストラン香宮。内装がエリアによって変わり座席の設えも異なる。
右/メインロビーの大部分を占めるサファイヤラウンジ。テラス席もあり、ペストリーショップも併設している。
左/4階にあるスリランカ料理をメインに楽しめるキャーマスートラ。テラス席はインド洋の眺めも楽しめる。
右/ロビーの奥にある隠れ家風情のキャピタルバー&グリル。無数のグラスが飾られたアプローチは必見。



OTHER
左/ホテルの外観。再開発地域にあるため現在も工事が続いているが、中心部から徒歩圏にあって便利。
右/メインエントランス。滞在中はファッションウィークのイベントで車寄せが渋滞を起こすほど混んでいた。
左/4階のテラスにはイベントスペースが用意され、涼し気な水盤に浮かぶステージのような場所もあった。
右/客室からはインド洋とゴールフェイスビーチを一望できる。埋め立て工事をしているのが気になる面も。



IMPRESSION ★★★★☆
 コロンボの中心街から程近いゴールフェイスの海岸沿いに伸びる再開発地域に昨年11月に開業したばかりのホテル。東側にはインド洋、西側にはベイラ湖を挟んで高層ビルの建設ラッシュが続くコロンボの街並みが広がり、エネルギッシュな街の空気とリゾートの風情が同時に味わえる。館内は飲食施設が充実していて、大きなイベントも開催されるなど人気施設になっていることが伺える。スタッフは立ち止まっていると心配して声をかけてくれる気遣いがあり、話好きで人懐こいスリランカ人の特徴が感じられるのも好感。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル