トップページ 国内のホテル 海外のホテル
THE STRAND YANGON
ストランドヤンゴン<ミャンマー・ヤンゴン>
エグゼクティブスイート 2018年1月宿泊 https://www.hotelthestrand.com/
活気に満ちた街に残されたコロニアルな建築群の一角に佇む
洗練された空間ながらゆったりとした時間が流れる邸宅ホテル






PUBLIC SPACE
左/エントランスから真っ直ぐ奥へと伸びる広いロビー。シンメトリーに配置された調度品も居心地がいい。
右/エントランスホールは高い天井からシャンデリアが吊るされ華やか。両脇にバーとラウンジが備わる。
左/ロビー左手にさりげなく設置されたレセプションデスク。天井は各階とつながる吹き抜けになっている。
右/客室階にあるシッティングスペース。バトラーは通る度に挨拶してくれ、戻ってくると鍵も開けてくれる。



ROOM
左/天井の高さが際立つベッドルーム。支柱を持つベッドの周りにはUSBやユニバーサル電源も用意する。
右/飾り棚で仕切られた窓際に置かれたソファセット。壁面には寺院の仏塔やレリーフの写真が飾られる。
左/シッティングスペースの反対側に置かれた大きなライティングデスク。窓からは柔らかい光が差し込む。
右/雰囲気に溶け込む額縁のようなデザインのテレビ。ずっと使われてきたと思われるドレッサーも健在。



BATH ROOM
左/バスルームは大幅なリニューアルがなかったのか、古めかしさを感じる。拡大鏡の位置も使いづらい。
右/クラシカルな雰囲気の蛇口が印象的なバスタブ。レバーを切り替えてもシャワーしか水が出なかった。
左/オーバーヘッドシャワーを備えたシャワーブースもお湯は出るものの勢いは弱めで、少し手狭な印象。
右/繊細な模様が描かれたトレイに用意されたロクシタンのアメニティー。アイコン入りの筒の中はコットン。



POOL
左/ホテルの北側にオープンしたばかりの真新しいプール。住宅街に囲まれている立地なのでとても静か。
右/ウッドデッキで囲まれたプールサイドはデッキチェアーが整然と並び、裏手には芝生の庭園が広がる。
左/プール西側にはデイベッドを備えたカバナも設置されている。テーブル席では食事のメニューを用意。
右/ヨーロッパのような風情の外廊下に面して、新設されたフィットネスジムとトリートメントルームが並ぶ。



DINING
左/エントランスの左手にあるストランドカフェ。赤い座席と壁紙が印象的なホールは外部のゲストも多い。
右/建物の回廊に作られた窓側の座席は一転して、落ち着いた雰囲気の中でアフタヌーンティが楽しめる。
左/ストランドカフェの反対側にある老舗の重厚な風格と長い歴史を感じさせる佇まいのサーキーズバー。
右/回廊部分にはスペースを埋め尽くすようにソファを配置していて、セミコンパートメントのような空間に。



OTHER
左/ホテルの外観。コロニアルな建物が多いストランド通りの中でも、取り分け手入れの行き届いた建物。
右/道路から一歩奥まった場所にある、立派な柱廊のアーケードを備えた車寄せとホテルのエントランス。
左/高い建物ではないので眺望は期待できないが、東側はオーストラリアとイギリスの大使館が隣接する。
右/ロビーを抜けた扉の奥にあるプールへつながる通路と階段室。オフィスや会議スペースが並んでいる。



IMPRESSION ★★★★☆
 ダウンタウンの南側、港に近い場所にはイギリス統治時代の面影を残す建物が残されており、その中でも取り分け風格を感じさせる佇まいの老舗ホテル。館内は古い建物ならではの高い天井や贅沢な空間を活かしつつ美しくリニューアルされており、昨年末にはホテルの裏手にリゾートライクなプールやスパも誕生して設備も整った。バスルームだけは古さを感じる部分もあるが、各階にはバトラーが常駐し、重たい鍵を預けて外出できたり、冷たい飲み物を持って来てくれるサービスもあり、ゆったりとした時間が過ごせる。



トップページ 国内のホテル 海外のホテル