トップページ 国内のホテル 海外のホテル
GRAND HYATT FUKUOKA
グランドハイアット福岡
クラブキング 2018年3月宿泊






ROOM
左/これまでなかったヘッドボードと一体的なデザインのサイドテーブルが備わり、印象の変わったベッド。
右/窓辺に設置されたシンプルなデザインの2脚のソファ。床面は組亀甲柄のカーペットに敷き替えられた。
左/木の風合いを活かした大型のデスクとミニバーが収まるキャビネット。テレビは壁に掛けるスタイルに。
右/エントランスやバスルームの明り取りのデザインは以前と同じまま。新たに空気清浄機が導入された。



BATH ROOM
左/バスルームに以前と同じだが、経年劣化の目立っていたガラス製シンクの汚れは取り除かれていた。
右/充分な広さと深さを備えたバスタブ。対角線上のトイレの上に取り付けられた液晶テレビも見やすい。
左/アメニティーはジューンジェイコブスで変わらず。歯ブラシ類はシンク下の木製の箱の中に収められる。
右/洗い場兼用のシャワーブース。このホテルの特徴と言える明り取りのデザインは古さを感じさせない。



IMPRESSION ★★★★
 国内で一番多く宿泊しているホテルだが、今回は客室リノベーション後の初めての宿泊かつ、これまで泊まってきた那珂川側ではなく、キャナルシティ側の部屋ということで新鮮な気分での滞在となった。客室に施されていた格子柄の壁面は一部を残しながら、作り付けのデスクやキャビネットは据え置きタイプに変わり統一感という意味では少しチグハグな面も感じた。ロビーのラウンジはクラシカルな雰囲気だったが、調度品もレイアウトも一新され、メインダイニングもテラス席が備わるモダンな空間になっていたのは好印象。


グランドハイアット福岡トップ

クラブツイン(2015年9月宿泊)

クラブキング(2014年10月宿泊)

グランドキング(2009年2月宿泊)


トップページ 国内のホテル 海外のホテル